駐車違反,路上駐車

駐車違反の点数

駐車違反の点数

 

もし、駐車違反をした場合、罰金はいくらかかるのでしょうか。

 

駐車違反の罰金は、道路交通法によって、細かく分かれています。

 

まず、免許の減点ですが、放置駐車違反の場合、駐停車禁止場所等だと「3点」、駐車禁止場所等だと「2点」です。また、駐車違反の場合、駐停車禁止場所等だと「2点」、駐車禁止場所等だと「1点」です。この駐車違反の場合は、酒気帯びだとさらに減点が増え、駐停車禁止場所等でも駐車禁止場所等でもどちらも「7点」の減点となります。

 

この放置駐車違反とは、運転者が車両を離れて直ちに運転することができない状態にあること、と定められています。そのほか、車両等が、 客待ち・人待ち・荷待ちなど、5分を超える荷物の積みおろし、故障、その他の理由により継続的に停止することなど、運転者が運転中や乗車中、または車両等を離れず、ただちに運転できる状態であっても駐車となります。ただし、人の乗降のための停車は、駐車には該当しません。

 

ちなみに、減点6点以上だと、免許停止、いわゆる「免停」の対象となりますので、注意が必要です。

駐車違反の反則金、罰金

◆駐車違反の反則金、罰金

 

もし、駐車違反をしてしまった場合、免許にある点数の減点とともに、それぞれ必要に応じて、罰金を支払わなければいけません。

 

反則金の金額については、道路交通法によって、車種別に細かく定められています。

 

放置駐車違反の場合、駐停車禁止場所だと、大型だと「25,000円」、普通だと「1,800円」、自動二輪や原付だと「1,000円」です。また、駐車禁止場所等だと、大型は「21,000円」、普通は「15,000円」、自動二輪と原付は「9,000円」となっています。

 

一方、駐停車違反の場合、駐停車禁止場所等だと、大型は「15,000円」、普通は「12,000円」、自動二輪と原付は「7,000円」です。また、駐車禁止場所等だと、大型は「12,000円」、普通は「10,000円」、自動二輪と原付は「6,000円」です。

 

これらの反則金の金額は、酒気帯びでも同額となっています。

駐車違反における減点逃れのカラクリ

◆駐車違反における減点逃れのカラクリ

 

2006年6月に施行された道路交通法の改正によって、駐車違反の取り締まりが厳しくなりました。そして、この改正により、運転者の減点逃れという問題が話題となりました。

 

警察庁のまとめによると、駐車違反の処理件数のうち、運転していた本人ではなく、車の持ち主として車検証に記載されている使用者がなんと約7割を占めるという驚きのデータがありました。

 

これは、2006年6月の道交法改正により、車の持ち主も放置違反金を納める制度がスタートしたことが発端です。新たに納付対象となった「使用者」は、直接、違反した本人ではない場合、警察署に出頭する必要がなく、免許の停止や取り消しに影響する減点もありません。

 

そのため、もし、実際に運転して事故を起こしたり、駐車違反したりした場合、車の持ち主として違反金を納めれば、運転者としての行政処分が免れる、免許の停止や取り消しによる減点もないという、いわゆる「減点逃れ」ができてしまう、というものです。

罰金、反則金、放置違反金納付命令書を無視した場合

◆放置違反金納付命令書を無視した場合

 

もし、放置駐車の違反で貼られた黄色いステッカー、確認標章で記載された通りに警察署に出頭しないと、違反した車の車検証上にある使用者に対して、弁明通知書と仮納付書が送られてきます。

 

さらに、放置違反金の仮納付も弁明もしなかった場合、今度は「放置違反金納付命令書」が送られてきます。

 

この放置違反金納付命令書を放置した場合、放置違反金納付命令による納付期限が経過して一定期間が過ぎると、違反地を管轄する公安委員会から「督促状」が送られてきます。そして、この督促状が送付された場合、その車両が「車検拒否」の対象として登録されます。要するに、放置違反金を納めなければ、車検を完了できなくなってしまいます。

 

しかも、納付期限が経過した日から、延滞金の計算がスタートします。

罰金、反則金、放置違反金の督促と滞納処分

◆放置違反金の督促と滞納処分

 

道路交通法の改正により、2006年6月から施行された放置違反金については、督促や滞納処分が定められています。

 

もし、放置違反金の納付命令を受けた者が納付期限を過ぎても納付しない場合、納付するように督促状が送られてきます。

 

さらに、督促を受けた者が指定期限までに放置違反金および延滞金を納付しない場合は、地方税の滞納処分と同様に、強制的に徴収されることもあります。

 

さらに、放置違反金を支払わずにずっと滞納した場合は、さまざまな罰則があります。

 

例えば、車検拒否制度です。もし、駐車違反したのが自動車検査登録制度(車検)対象の車両である場合は、放置違反金を滞納して督促を受けたことがあったら、車検時に放置違反金の納付等を証明する書面を提示しなければ、車検を受けることができないようになっています。